• ホーム
  • マイアカウントお問い合わせ
僕らが子どもだった頃/いたずら電鉄
型番 A304
販売価格 540円(税40円)
在庫数 残り6です。
購入数

【いたずら電鉄】

ホームページ(http://itazura.wpblog.jp/

本日も、いたずら電鉄をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

いたずら電鉄は「京都発、快速ポップな駆け込みバンド」としてライブハウスだけでなく、

バーやレストランなど、関西を中心にいろんな所で活動中。

2015年12月に結成、発車しました。

打ち込み音楽を使って渋谷系から激しいロックまで。

変幻自在のサウンドにどこか乙女度の高い歌詞。

「できること じゃなくて やりたいこと」をモットーに、バラエティ豊かな音楽を提供しています。

メンバーはボーカルとギターの二人、しかしながら奏でる音楽は百人力です。

【僕らが子どもだった頃】

英語の歌詞だけでなく、曲も自体もどこか異国情緒を感じる「MOROCCO」

いつもそばに居てくれる、その愛らしさを歌った「ねこ」

オトナな雰囲気を目指してラップにも挑戦した「midnight blue」

結成第一号の曲で、夢想的な歌詞と曲調が魅力の「ネバーランド」

人知れず恋をする2人を応援する「待ってなよ」

1曲1曲の明確な歌詞のコンセプトと、それを引き立たせるジャンルにとらわれないサウンド。

まさにいたずら電鉄の「バラエティ豊かな音楽」が詰まった、待望の1stミニアルバムです!

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける